アーユルヴェーダとは


アーユルヴェーダは、古代インドで発祥し(約5000年前)現代まで伝えられている「伝承医学」です。

伝承医学とは、長い歴史の中で人々の知恵によて発展してきた医学です。

アーユルヴェーダは、サンスクリット語の「アーユス(寿命/生命)」と「ヴェーダ(知識/真理)」が合わさった言葉で、「生命科学」「寿命科学」と訳されます。

また、自分で自分を癒す「自己治療の科学」とも言われています。

アーユルヴェーダの目的は、「健康な人の健康を守り、病人の病気を鎮静する」ことです。

それぞれの人が持つ、自然治癒力(人間や動物などが生まれながらにして持っている力)を最大限に引き出します。

また、アーユルヴェーダは、病気の治療にとどまらず、自然と調和して暮らすことを心身ともに健康で幸福に満ちた有益な人生を送るための知恵を説明しています。

アーユルヴェーダの体質理論


身体の基礎となる生命エネルギー(トリドーシャ)

ヴィータ(風のエネルギー)


       ピッタ(火のエネルギー)

        カパ(水のエネルギー)


トリは3つという意味で、ドーシャは、病素・悪化させるもの・汚染するものと訳されます。

人間の身体には3つの生理機能「ヴァータ(風)」・「ピッタ(火)」・「カパ(水)」があります。

3つが正常に機能している状態を健康であると言い、異常になった状態を病気であると言います。

ドーシャが身体を健康にしたり病気にしたりするのです。

五大元素とトリドーシャ

人間は、宇宙を構成している物資と同じ物質で構成されています。

宇宙の万物は、空・風・火・水・土という5つの大元素で構成されています。

ドーシャも五大元素で構成されていますが、構成する五元素が異なります。

 

ヴェーダ=空・風

 

ピッタ=火・水

 

カパ=水・地